在宅勤務を試行

今日は特に会議の予定が入っておらず、夏のオリンピック期間中に交通機関を利用せずに済むように家で仕事をする機会が増えることを見越して、在宅勤務を試行しました。
書斎で会社のノートパソコンに大画面ディスプレイとキーボードとマウスを外付けして、光回線で通信をすることで、インフラとしては会社と遜色ないレベルにはなりました。
ただ、突発的に誰かと直接話をして結論付けたいことが起こった場合に、メールとチャットでの対応はですとタイムリーな意思疎通ができないということを痛感しました。
あと、今日は期限が迫った仕事がなかったこともあるのですが会社で執務している時と比べると集中力が続きませんでした。
オリンピック期間中は、単に交通事情だけでなく、在宅でも仕事が捗る状況であることを加味して執務場所を決めようと思います。

by 管理人  at 19:10  | Permalink  | Comments (0)

今年最初のジム通い

昨日までジムがお休みで、今日から時短営業するとのことで、早速行って来ました。
年末年始のスキー旅行で脚が筋肉痛になってしまったので、今年は脚の筋トレにも力を入れるつもりでいます。
年末年始で飲み食いする量が多かったこともあり、体重も増えてしまいました。
今日で三が日も終わりになるので、これから仕事モード、ダイエットモードに切り替えて行こうと思います。

by 管理人  at 19:55  | Permalink  | Comments (0)

箱根駅伝の復路の応援

箱根駅伝の復路の応援に行って来ました。
昨日は初めての応援だったこともあってドキドキしていましたが、今日は少し慣れて来てそれほどでもなかったです。
全体の状況が分かるよう、昔使っていたワンセグ機能のあるスマホを携行しました。
今年は私の出身大学も出ていたのですが、順位のほうは昨日に続き芳しくありませんでした。やはり箱根駅伝常連校との差は大きいのだなと痛感させられました。
来年、私の出身大学が出場するかどうかは分かりませんが、よほど天気が悪くなければまた声援を送りに来ようと思います。

by 管理人  at 19:48  | Permalink  | Comments (0)

箱根駅伝の往路の応援

箱根駅伝のルートが自宅から歩いて30分くらいなのですが、これまで応援に行ったことはありませんでした。
今年は私の出身大学が出場することになり、応援ポイントも私の自宅から近かったので、応援に行って来ました。
ただ、案内にあった応援ポイントが他の大学の応援に占められていてうちの大学の実際の応援ポイントは案内とはかなりずれていたり、案内にあった通過予定時刻よりも実際の通過時刻がかなり早かったり、ドタバタ感があったことは否めません。
往路の順位が芳しくなかったこともあり、残念な気持ちで帰路に就きました。
明日の復路での巻き返しに期待したいところです。

by 管理人  at 19:41  | Permalink  | Comments (0)

家族でスキー旅行(2泊3日の3日目)

長野県白馬への家族での2泊3日のスキー旅行、あっという間に最終日になってしまいました。
朝6時半過ぎに起きて支度をして、7時半から朝食を済ませました。
元日ということもあって、お味噌汁の代わりにお雑煮が振る舞われて、旅先ではありますがちょっとだけ正月気分を味わうことが出来ました。

家族でスキー旅行(2泊3日の3日目)の続きを読む

by 管理人  at 23:13  | Permalink  | Comments (0)

家族でスキー旅行(2泊3日の2日目)

昨日から長野県白馬にスキー旅行に来てロッヂ五竜に宿泊しています。
朝6時半に起床する予定でしたが、初日の疲れで家内も息子も起きられず、6時45分過ぎに頑張って起床しました。
7時半から食堂で食事をして部屋で着替えて準備をして、ひとまず私と息子とでリフト券の引き換えと、息子のスキースクールの受け付けをしに行って来ました。家内は疲れているとのことで午前10時くらいから滑り始めるとのことでした。
リフト券売り場で確認したところ、今日もリフトは午後4時で終了で、ナイターも営業しないとのことでした。

家族でスキー旅行(2泊3日の2日目)の続きを読む

by 管理人  at 22:56  | Permalink  | Comments (0)

家族でスキー旅行(2泊3日の初日)

3年前に家族での初めてのスキー旅行で長野県白馬に行ったのですが、五竜スキー場のゲレンデを息子が気に入っていて、今回も白馬のスキー場に行くことにしました。
交通費を節約するために松本駅まで車で行って、そこから公共交通機関でスキー場まで移動することにしました。

家族でスキー旅行(2泊3日の初日)の続きを読む

by 管理人  at 22:51  | Permalink  | Comments (0)