トップページ » IT » パソコン周辺機器 » REX-CB90TVを導入(前編)

REX-CB90TVを導入(前編)

REX-CB90TVを導入(前編):パソコン周辺機器


REX-CB90TVラトックシステムのMPEG TVキャプチャ CardBus PCカード REX-CB90TVを導入しました。
今のところ、今ひとつで、苦戦しています。

我が家は、リビングにテレビ、ビデオ、パソコン(HP nx9030/CT)があります。
問題は、リビングルームにアンテナ端子が一つしかないことです。

まずは手始めに、ビデオからテレビにつながっているアンテナコードを外して、ビデオからパソコンのチューナーカードにつないでみました。
結果は、ホワイトノイズが多く、フルスクリーン表示(1024x768)ではとても見られたものではありませんでした。
256x192にして、やっと見られるかなというところでした。

マニュアルに従って、USB経由でさらに電源を供給するようにしてみました。
その結果、少しは改善されましたが、やはりフルスクリーン表示では見られたものではありませんでした。

次に、ソフトウェアのせいかと思い、メーカーのホームページから最新のドライバとアプリをダウンロードしてインストールし直してみました。
しかし、特に改善された様子はありませんでした。
ソフトウェアの問題ではなさそうです。

試しに、室内のアンテナ端子から直接チューナーカードにアンテナコードを接続したところ、今度はかなり良くなりました。
フルスクリーン表示でも、何とか視聴する気になれます。
ただ、ビデオデッキの替わりにパソコンに録画しようという気にはなれませんでした。

毎回コードの接続を変えるのは面倒なので、今は、アンテナ分配器を使っています。
室内のアンテナ端子から、まず分配器に入れて、分配器からビデオとパソコンのチューナーカードにつないでいます。
やはり、分配器を入れたことで、電波が弱まり、ノイズも入ってしまったのでしょう。
画質は落ちてしまっており、長い時間観るのには使えません。

FAQによると、アンテナブースターを入れると改善すると書いてあったので、早速Yahoo!オークションでアンテナブースターを落札しました。
近々取り付けてみようと思います。
REX-CB90TVを導入(後編)に続く。)

by 管理人  at 23:43
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「REX-CB90TVを導入(前編):パソコン周辺機器」について解説しています。