トップページ » 健康 » 健康全般 » 長嶋一茂とパニック障害

長嶋一茂とパニック障害

長嶋一茂とパニック障害:健康全般

12/20(火)放送の「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」を見ました。
いろいろな症例の中で、一番驚いたのは、長嶋一茂がパニック障害だったこと、そして、それが現役引退のきっかけとなっていたことですね。
実力不足による成績不振で引退したという認識の方が多いと思いますし、私自身もそう思っていました。

実は、長嶋茂雄の息子であると言う重圧と、チーム一の練習をしても思ったような成果が出ないことのギャップから来るストレスで、パニック障害になっていたんですね。
私も、不眠で悩まされることがあるだけに、共感する部分がありました。
これまでは、「野球で食べられなくなってタレントになった人」という印象だったのですが、これからは長嶋一茂を見る目が変わりそうですし、応援したくなりました。
俳優になってすぐの頃は、台詞も棒読みで駄目だなと思いましたが、最近は役者としても板についてきたようですし。

by 管理人  at 23:29
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「長嶋一茂とパニック障害:健康全般」について解説しています。