トップページ » 視力回復 » レーシック/スーパーPRKによる視力回復 » ひふみ診療所でのスーパーPRK手術(術後2日目の経過)

ひふみ診療所でのスーパーPRK手術(術後2日目の経過)

ひふみ診療所でのスーパーPRK手術(術後2日目の経過):レーシック/スーパーPRKによる視力回復

一昨日、銀座のひふみ診療所で左目の近視矯正のためのスーパーPRK手術を受けました。

昨日一日は、保護用コンタクトレンズの強いゴロゴロ感に悩まされ、視力もほとんど出ていなかったのですが、今日はかなり変わりました。
時々ゴロゴロすることはありますが、点眼して目をつぶると収まります。
また、車の運転も何とかできました。(右目が0.7くらい見えるので、ほとんど右目だけで見ていたような感じですが。)

手術からほぼ2日経過した時点の左目の視力は、保護用ソフトコンタクトレンズを装用した状態で、0.4か0.5といったところでした。
まだぼんやりしていますが、手術前は0.15だったので、いくらかは回復して来ているようです。
年明けには1.0以上になっていることを期待しています。

by 管理人  at 16:27
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「ひふみ診療所でのスーパーPRK手術(術後2日目の経過):レーシック/スーパーPRKによる視力回復」について解説しています。