トップページ » 書評 » コミック・小説 » のだめカンタービレ

のだめカンタービレ

のだめカンタービレ:コミック・小説

元日の読売新聞をペラペラめくっていて驚きました。
講談社のコミック「のだめカンタービレ」の最新刊(1/13刊行予定)が、紙面の一面を丸々使って宣伝されていたのです。

「のだめカンタービレ」は、ピアノ教室の講師をしている家人が、先々月に講師仲間から借りて来て、自分も読んではまった口です。
おそらく、現代のクラシック音楽を題材にしたコミックというのは、これが初めてで、それもヒットの要因になったのではないかと思います。
それにしても、全国紙の一面を使って最新刊の宣伝をしたコミックというのは、初めて見た気がします。

残念なことは、「クチ込みだけで800万部」という宣伝文句が、今回一面広告を出したことで反故になってしまったことですね。

by 管理人  at 22:47
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「のだめカンタービレ:コミック・小説」について解説しています。