トップページ » アニメーション » アニメ全般 » 耳をすませば【感想】

耳をすませば【感想】

耳をすませば【感想】:アニメ全般

金曜ロードショーで放送されていた「耳をすませば」を観ました。
放送されるのは知っており「前に見たこともあるし、別に見なくても良いかな」という気分だったのですが、午後9時半過ぎにたまたまチャンネルを合わせてしまい、そのまま最後まで観てしまいました。

中学生なのに、将来はヴァイオリン職人になりたいという明確な夢を持っていて、高校に行かずに修行の道に入ろうとしている聖司と、自分が将来何をしたいか分からずにいる雫。
始めは聖司に対してツンとした態度を取っていたのに、彼が、図書カードで名前を知っていた聖司本人だと分かってから、二人の関係が急激に変わって行きます。

観ていて、ちょっと気恥ずかしくもあり、それでいて二人の純真な初々しさに、つい引き込まれて行ってしまいました。
最近の中学生は、こういう作品を観て、どう思うのでしょうね。

ジブリ作品ですと、「ハウルの動く城」や「千と千尋の神隠し」のような非日常の物語も良いですが、「耳をすませば」のような日常の淡い一面を描いた物語も、こうして観てみると良いですよね。
ちなみに、私が一番好きなジブリ作品は「天空の城ラピュタ」です。

by 管理人  at 16:04
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「耳をすませば【感想】:アニメ全般」について解説しています。