トップページ » IT » 自分用パソコン本体 » Serial ATAマシンにWindowsをインストールするにはFDDが必要

Serial ATAマシンにWindowsをインストールするにはFDDが必要

Serial ATAマシンにWindowsをインストールするにはFDDが必要:自分用パソコン本体

昨日、注文していた静音パソコンが届き、今日はOSのインストールを試みました。
注文先は静音ネットショップ レイン -Regin-というところです。
完全に自作しても良かったのですが、あちこちにパーツを注文するのも面倒だったので、今回はショップにお願いしました。

OSのライセンスはWindows XP Professionalが1つ余るので、パソコンはOSなしで注文して自分でWondowsをインストールしようとしたのですが、何と「FDDがないとインストールできない」ということが判明しました。
BIOSからはHDDの存在が認識されているのですが、Windowsのインストーラーからは「ハードディスクがない」と言われてしまいます。
ネットで検索してみて、Serial ATAのハードディスクにOSをインストールする場合は、WindowsのCD-ROMからのインストールの途中でFDDからSerial ATAのドライバを読み込ませなければならないことが分かりました。

慌てて玄人志向のFDD-YE/KをAmazonで注文しました。
パソコン本体の注文時には、今どき3.5インチFDDなど要らないだろうと、当然のごとく除外していたのですが、これが裏目に出てしまいました。
即納で送料込み1,589円でしたので、これくらいの追加出費は仕方がないと思うことにします。

以前、USB接続の3.5インチFDDを持っていた時期はあったのですが、1年以上使わなかったので、とっくにネットオークションで処分してしまっていました。

ショップの人も、注文の際に「FDDがないとOSをインストールできませんよ」と一言教えてくれたら良かったのですが。

とりあえず、注文したFDDが届くのを待って、再度トライしようと思います。

■関連記事
初XPインストール虎の巻(SATA HDD対応)
SATAのHDDにXPをインストールする準備

by 管理人  at 22:35
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「Serial ATAマシンにWindowsをインストールするにはFDDが必要:自分用パソコン本体」について解説しています。