トップページ » アニメーション » BLOOD+ » BLOOD+ Episode-35 希望のない明日【感想】

BLOOD+ Episode-35 希望のない明日【感想】

BLOOD+ Episode-35 希望のない明日【感想】:BLOOD+

BLOOD+ 第35話を見ての感想です。(よろしかったら、前回のBLOOD+ Episode-34 俺たちのいる世界【感想】もご覧いただけると幸いです。)
今回は、久々にシフが登場しました。
シフの数、かなり減りましたね。

これまで存在感のなかったシフのルルゥが、急にたくさんしゃべるようになったので、ちょっと意外な感じでした。
新しい人間兵器であるコープスコーズは、何とモーゼスの改良版(?)だったのですね。
アンシェルの考えていることが、未だに良く分からないです。

それと、前回気が付かなかったのですが、ディーヴァの顔がリクの顔になっていたのですね。
これは、ディーヴァの顔が変わったのでしょうか。
それとも、ディーヴァとリクの子供なのでしょうか。
子供だとすると元のディーヴァが登場しないのがおかしいので、ディーヴァの顔が変わったと考えるべきなんでしょうかね。

あと、今回は、デヴィッドがアル中から復活したのが、嬉しかったです。

by 管理人  at 21:03
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「BLOOD+ Episode-35 希望のない明日【感想】:BLOOD+」について解説しています。