トップページ » アニメーション » BLOOD+ » BLOOD+ Episode-37 狂おしいまでに【感想】

BLOOD+ Episode-37 狂おしいまでに【感想】

BLOOD+ Episode-37 狂おしいまでに【感想】:BLOOD+

BLOOD+ 第37話を見ての感想です。(よろしかったら、前回のBLOOD+ Episode-36 すれちがう想い【感想】もご覧いただけると幸いです。)
今回は、小夜とカールの戦いがあり、結果、カールがお亡くなりになりました。
前回の予告編で「ラストダンス」と言っていただけに、ほぼ予想通りの結末でした。

意外だったのは、カールとコープスコーズの襲撃に対して、シフが助太刀に現れたことですね。
これは、赤い盾にしてみればかなりの戦力の強化になります。
このまま、最後まで共闘体制で行ってくれると思いたいのですが。

あと、今回は小夜の心境にわずかながら変化が現れました。
赤い盾本部壊滅の1年後に現れた時のピリピリとして雰囲気では、絶対に誕生パーティーなどには参加しなかったと思うのですが、ちゃんと熊のぬいぐるみのプレゼントを持参して参加しました。
最後のカイの「小夜を守りたいんだ」という言葉に対して「ばか」とつぶやいていましたが、内心、嬉しさがあったのではないでしょうか。

そろそろディーヴァとの決戦が近いようです。
ただ、まだEpisodeが30話台なので、まだまだ紆余曲折ありそうな感じですね。
今後の展開が楽しみです。

by 管理人  at 01:33
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「BLOOD+ Episode-37 狂おしいまでに【感想】:BLOOD+」について解説しています。