トップページ » 視力回復 » レーシック/スーパーPRKによる視力回復 » ひふみ診療所でのスーパーPRK手術(術後6ヵ月の経過)

ひふみ診療所でのスーパーPRK手術(術後6ヵ月の経過)

ひふみ診療所でのスーパーPRK手術(術後6ヵ月の経過):レーシック/スーパーPRKによる視力回復

2005年末に銀座のひふみ診療所で近視矯正のため左目のスーパーPRK手術を受けてからちょうど半年になります。
手術前0.15だったのが、現在は1.2まで回復しました。
どうやらこの数ヶ月は1.0前後で安定しているようです。

これまでにこのブログで書いた内容を元に、視力回復の経過を表にしてみました。
術後2ヶ月くらいかけて徐々に良くなって、その後、安定するといった感じのようです。

今では、裸眼での日常生活にほとんど支障はありません。
かつてのコンタクトレンズやメガネは、もはや度が合わないので、処分してしまいました。

以上、視力矯正のためのレーザー治療を考えている方の参考になると幸いです。
なお、レーザー治療による視力回復には個人差がありますし、100%うまく回復するというわけではありませんので、熟慮されてから手術することをお勧めします。

このカテゴリで、スーパーPRK及びレーシックに関する記事を多数書いていますので、そちらもぜひご覧いただけると幸いです。

日付 左目裸眼視力
2005/12/27(手術前) 0.15
2005/12/31 0.3
2006/1/1 0.5
2006/1/2 0.7
2006/1/3 0.8
2006/1/6 0.6
2006/1/7 0.8
2006/1/17 0.8
2006/1/21 0.9
2006/1/27 0.9
2006/2/10 1.0
2006/2/18 1.2
2006/3/4 0.8
2006/3/26 1.0
2006/4/26 1.0
2006/5/28 0.9
2006/6/28 1.2
by 管理人  at 01:25
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「ひふみ診療所でのスーパーPRK手術(術後6ヵ月の経過):レーシック/スーパーPRKによる視力回復」について解説しています。