トップページ » misc » 企業・法人 » 自分の写真入の切手

自分の写真入の切手

自分の写真入の切手:企業・法人

今は、テレホンカードなどだけではなく、切手でさえも個人でデザインが出来てしまうのですね。
自分の写真を切手に 郵政公社が9月から発売という記事です。

 日本郵政公社は9月1日から、好きな写真などを使ってオリジナル“切手”を作ることができる「フレーム切手」の発売を始めると発表した。公社では平成15年6月から切手の下に好きな写真を印刷できる写真付き切手(通称プリクラ切手)を発売してきたが、切手そのものに写真を入れ込めないかという要望が多く、それに応えた。  個人の写真や広告などを切手にすることは制約があるため、額縁の中に画像を収めるという手法を取った。切手の外形は38ミリ×32ミリで、収納される画像は23ミリ四方。  写真や絵などを4センチ四方にカットして申込用紙にはり付け、郵便局の窓口(簡易局を除く)で申し込むと、3週間程度で郵送されてくる。80円切手が10枚印刷された1シートの価格は1200円で、通信販売郵送料350円、振替手数料100円が別途かかるため、1シートの注文では、80円切手1枚当たり165円かかることになる。  15年に発売されたプリクラ切手は3年間で415万シートを販売しており、フレーム切手は18年度に150万シートの販売を見込んでいる。
1シートだけの注文だとかなり高くつきますが、一度にたくさん注文すれば、自分独自の80円切手が120円で手に入るのですね。

結婚とか、出産とか、何らかのイベントがあったときに、そうした写真入りの記念切手を作って貼って出すと、受け取った人の注目を浴びそうで、何となく楽しそうですね。
年末に子供(第一子)が生まれる予定なので、記念にちょっと作ってみようかなと思っています。

by 管理人  at 01:16
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「自分の写真入の切手:企業・法人」について解説しています。