トップページ » アニメーション » BLOOD+ » BLOOD+ Episode-47 全ての血を超えて【感想】

BLOOD+ Episode-47 全ての血を超えて【感想】

BLOOD+ Episode-47 全ての血を超えて【感想】:BLOOD+

BLOOD+ 第47話を見ての感想です。(よろしかったら、前回のもご覧いただけると幸いです。)
今回は、ディーヴァ側のシュバリエ、ソロモンとジェイムズがお亡くなりになりました。
ソロモンには、できれば最終話まで生き延びて欲しかったのですが、残念です。

ジェイムズは、コープスコーズの身体を移植されたわけですが、翼手としての鋼のような身体の特徴は維持されていたようです。
小夜、ハジ、ルルゥではまったく歯が立たず、ソロモンが登場しなければ、小夜はお亡くなりになっていたでしょうね。
不思議なのは、ジェイムズにソーンが現れたことです。
コープスコーズって、ソーンの出現をコントロールできていたはずなのですが。
コントロールはできても、無期限というわけではないのかも知れませんね。

そして、ソロモンは、ジェイムズが手にした小夜の刀が左胸をかすめたために、お亡くなりになってしまいました。
せめてもの救いは、小夜を助けることができたことでしょうか。

BLOOD+も、残すところあと3話になりました。
どういう結末になるのか、きっと、赤い盾側が何らかの形で勝利するのでしょうけど、ハジが小夜の命を絶つのか...
あと、オープニングの最後に出てくる、赤い服と青い服の女の子も気になりますね。
ディーヴァの子供を暗示しているような気がしてならないのですが。

by 管理人  at 23:32
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「BLOOD+ Episode-47 全ての血を超えて【感想】:BLOOD+」について解説しています。