トップページ » misc » 教育・社会・法律 » 坂東氏の子猫殺しは動物虐待

坂東氏の子猫殺しは動物虐待

坂東氏の子猫殺しは動物虐待:教育・社会・法律

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <子猫殺し告白>坂東さんを告発の動き…タヒチの管轄政府という記事が出ていました。
本人の寄稿を下記に引用しますが、坂東氏はまったくもって身勝手で、動物虐待として告発されて当然だと私は思います。

 私は人が苦手だ。人を前にすると緊張する。人を愛するのが難しい。だから猫を飼っている。そうして人に向かうべき愛情を猫に注ぎ、わずかばかりの愛情世界をなんとか保持している。飼い猫がいるからこそ、自分の中にある「愛情の泉」を枯渇させずに済んでいる。だから私が猫を飼うのは、まったく自分勝手な傲慢(ごうまん)さからだ。  さらに、私は猫を通して自分を見ている。猫を愛撫(あいぶ)するのは、自分を愛撫すること。だから生まれたばかりの子猫を殺す時、私は自分も殺している。それはつらくてたまらない。  しかし、子猫を殺さないとすぐに成長して、また子猫を産む。家は猫だらけとなり、えさに困り、近所の台所も荒らす。でも、私は子猫全部を育てることもできない。  「だったらなぜ避妊手術を施さないのだ」と言うだろう。現代社会でトラブルなく生き物を飼うには、避妊手術が必要だという考え方は、もっともだと思う。  しかし、私にはできない。陰のうと子宮は、新たな命を生みだす源だ。それを断つことは、その生き物の持つ生命力、生きる意欲を断つことにもつながる。もし私が、他人から不妊手術をされたらどうだろう。経済力や能力に欠如しているからと言われ、納得するかもしれない。それでも、魂の底で「私は絶対に嫌だ」と絶叫するだろう。  もうひとつ、避妊手術には、高等な生物が、下等な生物の性を管理するという考え方がある。ナチスドイツは「同性愛者は劣っている」とみなして断種手術を行った。日本でもかつてハンセン病患者がその対象だった。  他者による断種、不妊手術の強制を当然とみなす態度は、人による人への断種、不妊手術へと通じる。ペットに避妊手術を施して「これこそ正義」と、晴れ晴れした顔をしている人に私は疑問を呈する。  エッセーは、タヒチでも誤解されて伝わっている。ポリネシア政府が告発する姿勢を見せているが、虐待にあたるか精査してほしい。事実関係を知らないままの告発なら、言論弾圧になる。
不妊手術を否とすることについては、確かにそうかも知れません。

しかし、「子猫が生まれるとがけ下に投げている」ことは、明らかな動物虐待であり、いかなる理由があろうと、大罪です。
安楽死させているのなら、まだ許されるでしょう。
しかし、崖から落とすというのは、安楽死からは程遠い行為です。
崖下に落とされた子猫が、どれほどの痛みと苦しみを味わって死んで行くのか、作家ならば想像できるはずです。

坂東氏が厳罰に処されることを願ってやみません。

by 管理人  at 22:35
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「坂東氏の子猫殺しは動物虐待:教育・社会・法律」について解説しています。