トップページ » アニメーション » BLOOD+ » BLOOD+ Episode-50 ナンクルナイサ【感想】

BLOOD+ Episode-50 ナンクルナイサ【感想】

BLOOD+ Episode-50 ナンクルナイサ【感想】:BLOOD+

BLOOD+ 第50話を見ての感想です。(よろしかったら、前回のBLOOD+ Episode-49 二人の女王【感想】もご覧いただけると幸いです。)
最終回は、小夜とハジの間で約束された結末(小夜の死)ではなく、ハッピーエンドという形になりました。
消化不良で終わるアニメが少なくない中、BLOOD+はうまくまとまっていたかなと思います。

小夜の決意が固かったならば、ディーヴァの2人の子供の命を絶った上で、小夜もハジによって命を絶たれることになったのでしょう。
やはり、小夜にとってはカイの存在感が大きかったのでしょうね。
このアニメも、始めの頃は「カイって役に立たないな」という感じでしたが、ある意味、カイの成長を描いたアニメだったのかも知れません。
最後は立派な父親になっていましたし。

デヴィッドとジュリア、岡村と謝花もうまく行ったようですね。
ルルゥもソーンが出ることなく、本当に沖縄に来てしまいました。
ルイスのCIA時代の写真が最後まで明らかにならなかったのが、ただ心残りですが。

全体的にまとまっていた中で、気になったのは、ネイサンの扱いですね。
前回、翼手化した姿で、小夜によって命を絶たれていたはずですが、今回は報道関係者らしい姿でちらりと登場していました。
続編アニメへの伏線かも知れません。あるいは、鋼の錬金術師のように、続編映画への伏線と考えることも出来ます。
ただ、アンシェルは、今回小夜の血で石化したので、流石にもう復活することはないでしょうし、どういった形で戦う相手が設定されるかは予想できませんが。

by 管理人  at 19:18
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「BLOOD+ Episode-50 ナンクルナイサ【感想】:BLOOD+」について解説しています。