トップページ » IT » パソコン(ソフトウェア) » Eudoraがオープンソース化

Eudoraがオープンソース化

Eudoraがオープンソース化:パソコン(ソフトウェア)

Eudoraユーザーの私に興味深い記事が出ていました。
Yahoo!ニュース - impress Watch - 老舗メールソフト「Eudora」がオープンソース化、「Thunderbird」ベースにという記事です。
私は現在v6.2を使っており、v7にはアップグレードしていませんので、今後どのように移行すべきか、悩ましいです。

 米QUALCOMM Incorporatedおよび米Mozilla Foundationは11日(現地時間)、QUALCOMMの老舗メールソフト「Eudora」の次期バージョンをオープンソース化し、無償公開することを発表した。次期「Eudora」はオープンソースのメールソフト「Mozilla Thunderbird」の技術をベースに開発され、2007年の前半に公開される予定。
2007年の前半とは、早いですね。 おそらく、かなり前からオープンソース化の方向で、内部では進めていたのでしょう。
 そのほか、「Eudora」の日本語版を販売しているソニック・ソルーションズ(株)は12日(日本時間)、QUALCOMMの発表を受けて今後の方針を発表した。それによると、同社は今後も「Eudora」日本語版の販売やサポートを継続していくとのこと。「Eudora」v7.1 for Windowsの日本語化も行うほか、2007年には独自でWindows Vista対応版をリリースするという。詳細は決定され次第「Eudora」日本語版のホームページで発表するとのこと。
とりあえず、v7.1までは商用版としてサポートが続けられるのですね。

ただ、私はv6.2の機能でほぼ満足しているので、お金を払ってまでアップグレードする気は今のところあまりないです。
オープンソース化された時点で移行するかどうかを決めようと思っています。

by 管理人  at 23:35
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「Eudoraがオープンソース化:パソコン(ソフトウェア)」について解説しています。