トップページ » アニメーション » WOLF'S RAIN » WOLF'S RAIN 2【感想】

WOLF'S RAIN 2【感想】

WOLF'S RAIN 2【感想】:WOLF'S RAIN

TSUTAYAのDISCASでDVDをレンタルして観ました。

印象的だったのは、第4話の「荒野の傷跡」で、危険が迫ったトオボエをツメが助け、、さらに窮地に陥ったツメをキバが助けた時の、「何故助けた?」というツメの問いに対してキバが「本能だから」と応えたシーンでしょうか。
仲間を守るという対する執着心があるのですね。

反面、第6話の「受け継ぐもの」では、ザリの手下によってヒゲが人間に捕まってしまい、それが元でザリの群れが仲間割れを起こし、ザリの群れは散り散りになってしまいました。
ザリは手下のことを思って行動して来たのに、結果は裏目に出たようです。
コールはツメ達に加わるのかなと思っていたのですが、そうはならなかったようですね。

by 管理人  at 15:20
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「WOLF'S RAIN 2【感想】:WOLF'S RAIN」について解説しています。