トップページ » 書評 » コミック・小説 » ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる:コミック・小説

TSUTAYAのDISCASでほしのこえをレンタルして観た後、小説版ほしのこえ(大場 惑 著)を読みました。
それでほぼ満足していたのですが、他に「ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる」(加納 新太 著)というのが割と最近になって出版されたということだったので、Amazonで買って読んでみました。

率直な感想としては、「小説 ほしのこえ」のほうが良かったですね。
「ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる」は、設定に違和感があり、正直、読んでいて嫌悪感を覚えなくもなかったです。
むしろ、「ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる」は読まないで、「小説 ほしのこえ」だけでその余韻に浸るのが良いと思います。

個人的に、「これはちょっと」と思った点を3つ挙げます。

まず、ミカコが国連宇宙軍に入ってトレーサーに乗ったのが、実はお金のためだったという設定。
ミカコ自身がお金が欲しかったわけではなく、病気の従姉妹の治療費と入院費のためという設定だったのでまだ救われましたが、それでも読んでいてムカムカするものを感じました。
従姉妹との関係が良く分かりませんが、どこの世界に、自分の娘を宇宙に送り出して、その対価で姪の病気の治療をしようという母親がいるでしょうか。宇宙は安全なところではありません。下手をしたら事故に遭って二度と会えなくなるかも知れませんし、そうなった場合に娘の死亡保障で姪の命を永らえさせて、一体どんな気持ちになるでしょうか。自分の娘より姪を選ぶなど、ありえないことです。
また、その従姉妹も最低の性格です。ミカコは自分にとって命の恩人であり感謝すべきなのに、感謝どころか嫌悪感をむき出しにして、「宇宙の果てに行ってそのまま帰って来なければ良い」とまで言っています。仲の良い従姉妹のためであればミカコも自分の人生を少し狂わせても良いと思うかも知れませんが、あのような従姉妹のために、中学を卒業する前に宇宙に行く道を選ぶなんて、馬鹿げています。
しかも、ミカコにはノボルとの高校生活というごくふつうのありふれた夢があったはずで、それをあんな従姉妹のために反故にするなど、設定がおかし過ぎます。
悲劇のヒロインにしたかったのかも知れませんが、思いっきり不自然です。

次に、ノボルの恋愛ですね。
「小説 ほしのこえ」ではノボルは高校で高鳥瑤子と交際しますが、ミカコと比較してしまう自分に気がつき、ほどなくして高鳥瑤子を振ることになります。そして、ミカコともう一度会うために、航空自衛官を目指して大学に進学する道を選びました。ノボルは一途な男の子として描かれています。
しかし、「ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる」では、ノボルは高校で交際を始めた女性とは大学2年まで付き合い続け、その後も2人の女性と交際します。その間、ミカコを思い出していたわけではありません。そのような状況で、「ミカコに会うために航空自衛官になろう」という気には普通はならないと思うのです。
今どきの若い男性の恋愛事情を反映させようと試みたのかも知れませんが、その結果、ミカコとノボルの精神的つながりは小さくなってしまいました。これでは映画「ほしのこえ」で描こうとしていたものとずれてしまいます。

最後に、「小説 ほしのこえ」ではミカコとノボルの再会まで描かれていたのですが、「ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる」では映画と同じシーンまでしか描かれていません。
ミカコが地球に戻れたのか、宇宙の星屑と消えたのかさえ分からないのです。

他にも、いろいろと不満があります。
私自身が読んだ順番で、「小説 ほしのこえ」のほうが理想的なエンディングという先入観が出来ていたのかも知れませんが、それでも「ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる」を読むと、感激するよりも興ざめする人のほうが多いでしょう。
もちろん、「小説 ほしのこえ」とまったく同じ設定にしては新訳として成り立たなくなるというのは分かりますが、それにしてもいただけない描写や設定が多いなというのが、「ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる」に対する私の感想です。

■関連記事
カゴの中の鳥: 新◆あいのことば
【エレクトロスフィア】 ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
かのろぐ(Kanohlogue): 「ほしのこえ」を並べ替えて読んでみる
ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる | MOMENTS
灰色未成年 - ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

by 管理人  at 00:23
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる:コミック・小説」について解説しています。