トップページ » アニメーション » WOLF'S RAIN » WOLF'S RAIN 4【感想】

WOLF'S RAIN 4【感想】

WOLF'S RAIN 4【感想】:WOLF'S RAIN

TSUTAYAのDISCASでDVDをレンタルして観ました。
チェザがダルシアに連れ去られた代わりに、今度はブルーが一行に加わりました。
今後は、ツメ、キバ、ヒゲ、トオボエ、ブルーの5人(5頭?)で行動することにないそうです。

不思議なのは、キャンプカーに乗った老人のうち、お婆さんには一向は人間に見えて、お爺さんには狼に見えたことですね。
接触していると狼の姿に見えるというのはこれまでのシーンで幾度となくありましたが、接触していない状態で狼の姿に見えてしまったことはなかったと思います。
お爺さんは少し呆けていたようですし、精神が通常状態にある人しか、狼は化かせないということなのでしょうか。

by 管理人  at 02:27
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「WOLF'S RAIN 4【感想】:WOLF'S RAIN」について解説しています。