トップページ » 書評 » コミック・小説 » 魑魅(すだま)【感想】

魑魅(すだま)【感想】

魑魅(すだま)【感想】:コミック・小説

ブッキングから復刊された、小山田いくの魑魅(すだま)をAmazonで購入し、早速読みました。
ソニー・マガジンズから出版された元のバーズコミックスのも持っているのですが、新作描き下ろし「1968年の標本ビン」が収録されているので、迷わず買ってしまいました。
以下、描き下ろし「1968年の標本ビン(魑魅の素)」の感想です。

小山田先生は、子供の頃は漫画と昆虫採集が趣味だったんですね。
長野県出身だけあって、自然には恵まれていたのでしょう。
そのあたりの体験が、「魑魅(すだま)」に限らず「フォーナが走る」や「Queen Bee」にも現れているのかなと思います。

それともう一つ、小学校の修学旅行で新潟の海に行ったエピソードが描かれています。
小山田いくで新潟の海と言えば、「すくらっぷ・ブック」の第63話から第66話あたりがすぐに連想されます。
きっと小山田先生にとって、海と言えば新潟の海だったのでしょう。
そうしたことを思いながら読みました。

ところで、帯には「著者が最も復刊を望んだ一冊」と書いてあります。
私にはちょっと意外でした。
思い入れというより、入手困難性から小山田先生が復刊を望んだのかも知れませんね。

■関連記事
ビーケーワン:魑魅
さろらく。の下書き : 小山田いく選集-7-魑魅

by 管理人  at 23:22
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「魑魅(すだま)【感想】:コミック・小説」について解説しています。