トップページ » アニメーション » WOLF'S RAIN » WOLF'S RAIN 7【感想】

WOLF'S RAIN 7【感想】

WOLF'S RAIN 7【感想】:WOLF'S RAIN

TSUTAYAのDISCASでDVDをレンタルして観ました。
ここのところ他のDVDを借りていることが多かったので、WOLF'S RAINを観るのは久し振りです。

印象的だったのは、22話「流星の破片」でトオボエが巨大なアザラシに立ち向かっていったシーンでしょうか。
それまで臆病者であまり戦力になっていなかったトオボエが、アザラシにヒゲを突き立てられたキバの姿を見て、狼として覚醒したような感じでした。
一皮剥けたといったところでしょうか。

23話「黒い街の鼓動」では、シェールとブルーがけっこう良いコンビになって来ましたね。
やはり女同士のほうが話が合うのでしょうか。
気になったのは、スケボー乗りの少年のうち、太ったほうの少年は、キバとツメのことを狼だと分かっていたことですね。
狼の姿には見えていなかったと思うのですが、動きから、そのように判断したのでしょうか。

by 管理人  at 23:19
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「WOLF'S RAIN 7【感想】:WOLF'S RAIN」について解説しています。