トップページ » アニメーション » WOLF'S RAIN » WOLF'S RAIN 8【感想】

WOLF'S RAIN 8【感想】

WOLF'S RAIN 8【感想】:WOLF'S RAIN

TSUTAYAのDISCASでDVDをレンタルして観ました。
WOLF'S RAINを借りるのは久し振りです。
そろそろ佳境が近付いて来たような感じですね。

ブルーの故郷のクリオスは、狼によってではなく、狼を追っていたジャガラ軍の兵士達によって焼き払われていたのですね。
これで、クエントの誤解が解けると良いのですが。
そうなると、クエントもブルーとともに狼の味方になったりするのでしょうか。

ヒゲは、元々はジャガラ城に関係していたようです。「23」という番号で呼ばれていました。
首輪を銃で吹き飛ばされたことで、過去の呪縛から逃れられると良いですね。

どんな結末になるのか、楽しみです。

by 管理人  at 14:09
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「WOLF'S RAIN 8【感想】:WOLF'S RAIN」について解説しています。