トップページ » アニメーション » アニメ全般 » イノセンス【感想】

イノセンス【感想】

イノセンス【感想】:アニメ全般

TSUTAYAのDISCASでDVDをレンタルして観ました。
本来ならば"GHOST IN THE SHELL"の次に観るべきだったのですが、先に"Solid State Society"のほうを観てしまったので、ちょっと違和感がありました。
例えば、本作ではトグサの家庭が一戸建てなのに、"Solid State Society"ではトグサはマンション住まいでしたし。

少佐がなかなか出て来なかったこともあり、本作はバトーとトグサが中心になって話が進みました。
それはそれで良い味を出していたとは思うのですが、やはり少佐が登場してからが「攻殻機動隊」らしさがありましたね。これに、タチコマが登場していたら文句なしなのですが。
あと、バトーが飼っている犬が可愛くて良かったです。

一つだけ後味が悪かったのは、暴走したロボットは実はセクシャロイドで、その本体が生身の少女(殺人事件の首謀者)だったことですね。
そういうふうにしてしまった大人がいけないんでしょうけど、ストーリーの流れとは別に、社会問題的なものを考えてしまいました。

by 管理人  at 14:38
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「イノセンス【感想】:アニメ全般」について解説しています。