トップページ » アニメーション » WOLF'S RAIN » WOLF'S RAIN 9【感想】

WOLF'S RAIN 9【感想】

WOLF'S RAIN 9【感想】:WOLF'S RAIN

TSUTAYAのDISCASでDVDをレンタルして観ました。
1ヶ月ほどDISCASを休会していたこともあり、WOLF'S RAINを観るのは久し振りです。
そろそろ佳境が近付いて来たような感じですが、登場人物の退場が目立ち始めてきたのが気掛かりです。

第27話では、シェールでした。
ハブと良い感じになって、再び仲良くやっていけるのではないかと思えていた矢先だったので、あのような事故でお亡くなりになるとは正直意外でした。
もしかしたらチェザの能力で息を吹き返すのではないかと、わずかばかりの期待を抱いていたのですが。

そして、第28話の最後のトオボエとクエント。
予告編からすると、どちらもお亡くなりになったような感じです。
狼達は皆、最後まで生き残って「楽園」に辿り着くのではないかと思っていたので、これも驚きでした。

あと2話でどのような結末になるのか、非常に気掛かりです。

by 管理人  at 02:59
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「WOLF'S RAIN 9【感想】:WOLF'S RAIN」について解説しています。