トップページ » 家庭 » 日常生活 » 印鑑市場で長男の銀行印を注文

印鑑市場で長男の銀行印を注文

印鑑市場で長男の銀行印を注文:日常生活

昨年2006年の12月に長男が生まれたのですが、お年玉やお祝いでいただいたお金を管理するために、銀行口座を開くことにしました。
中には本人のサインで口座開設できる銀行もありますが、流石に0歳児にそれは無理なので、銀行印で口座開設をすることにしました。

銀行印は、ネットで検索して、値段・納期ともに手頃な印鑑市場でWebから注文しました。
本日届いて、仕上がりも良く、満足しています。

ただ、届いてから気がついたのですが、印鑑ケースが別売りなのですね。
当然、印鑑ケースに入って届くと思っていたので、印鑑だけだったことに驚きました。
銀行印ともなれば、普通の人は、ケースに入れて保管しますよね。
値段を下げるためかも知れませんが、デフォルトで標準的な印鑑ケースに入れることにしておいて、オプションで印鑑ケースなしとか、別の印鑑ケースを選べるようにしておいて欲しかったです。

印鑑ケースは、別途、近所のお店で買うことにします。

by 管理人  at 23:50
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「印鑑市場で長男の銀行印を注文:日常生活」について解説しています。