トップページ » 家庭 » 家電品 » 日立製冷蔵庫R-K46MPAMの操作パネルの故障

日立製冷蔵庫R-K46MPAMの操作パネルの故障

日立製冷蔵庫R-K46MPAMの操作パネルの故障:家電品

2001年の始めに購入した、日立製の冷蔵庫R-K46MPAMの調子が悪くなりました。
コンプレッサー等、冷却機能の問題ではなく、操作パネルの操作ができなくなってしまいました。
予兆は、切替室温度の設定が勝手にころころと変わってしまうことに始まり、その後しばらくしたら、操作パネル自体がどのボタンを押しても全然反応しなくなってしまいました。
冷蔵室温度、冷凍庫温度、製氷設定は我が家のいつも通りの設定になっているので、切替室以外は支障なく使えているのですが、やはり切替室が使えないのは気分が悪いです。

買い換えるとすると、このクラス(460L)ですと10万円は下らないようですし、コンプレッサーが壊れているわけではないので、もったいないです。
購入してからまだ6年ですし、やはり冷蔵庫なら10年くらいは使いたいところです。
とりあえず、メーカーに状況を伝えて修理の見積もりを取ってみようと思います。

■関連記事(よろしかったらこちらもお読み下さい)
日立製冷蔵庫R-K46MPAMの操作パネルを交換

by 管理人  at 12:33
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)
  1. R-K46MPAMを使用しています。
     点検をして下さいと音声案内があり、電源が落ちます。電源を再度入れると復活しますが、
    数時間後ドアを開けると、再び音声案内があり
    電源が落ちます。
    現在の状態は冷蔵室が冷えません
    冷凍庫は正常に作動しています。
    どうしたら良いで消化??

    by 黒河内國喜  2012年10月19日 19:28
  2. とりあえず、購入した販売店か、メーカーの修理センターに電話をしてみたらいかがでしょうか。
    年数が経っていることもありますので、買い替えというのも選択肢に挙がるのではないかと思いますが。

    by 管理人  2012年10月21日 16:40
コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「日立製冷蔵庫R-K46MPAMの操作パネルの故障:家電品」について解説しています。