トップページ » 家庭 » 家電品 » 日立製冷蔵庫R-K46MPAMの操作パネルを交換

日立製冷蔵庫R-K46MPAMの操作パネルを交換

日立製冷蔵庫R-K46MPAMの操作パネルを交換:家電品

先日、我が家の日立製冷蔵庫R-K46MPAMの操作パネルが故障したのですが、メーカーに連絡して、修理に来てもらいました。

家内が立ち会ったのですが、実作業としては、故障した操作パネルを交換しただけで10数分で完了したそうです。
部品代が5,000円弱で、出張費と技術料で、合計15,000円弱掛かりました。
ほぼ、予想通りの金額でしたが、ちょっと痛い出費でした。

2001年に購入した冷蔵庫ですが、一流メーカーの製品で、当時、けっこう高いものを選んで買ったので、できれば2010年くらいまではもって欲しいところです。

by 管理人  at 23:58
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「日立製冷蔵庫R-K46MPAMの操作パネルを交換:家電品」について解説しています。