トップページ » IT » 自分用パソコン本体 » PIONEER DVR-111/MPとCyberLink DVD SolutionでDVD-RWの読み込みに失敗

PIONEER DVR-111/MPとCyberLink DVD SolutionでDVD-RWの読み込みに失敗

PIONEER DVR-111/MPとCyberLink DVD SolutionでDVD-RWの読み込みに失敗:自分用パソコン本体

長男の成長の記録をハンディカム(Panasonic VDR-D300)を使ってDVD-RWに保存しており、片面が終わる度に別のDVDメディアにバックアップしているのですが、今回は読み込みエラーが出て、うまくコピーが出来ませんでした。
使ったDVDドライブはPIONEER DVR-111BK/MPで、ソフトウェアはDVDドライブにバンドルされていたCyberLink Power2Go 4.20です。
メディアは日立マクセルのHigh Gradeタイプのものなので、そうそうエラーが発生するとは考えにくいです。

DVDのコピーで、読み込みが8%まで行ったところで、

#0xEB020BA0
(1) ディスクの読み込みに失敗しました。

と出てしまいます。
「もしかして、DVDのメディアが壊れた?」と心配して、撮影したハンディカムや再生専用のDVDプレーヤーなどで再生してみると、問題なく再生できます。

ドライブDVR-111のファームウェアを1.06から1.29にアップデートして試してみたのですが、やはり同じ症状で、読み込みの途中でエラーになります。

結局、DVR-111でのコピーは諦めて、家内が使っているノートパソコン(HP nx9030/CT、ライティングソフトウェアはRecordNow!)でコピーを取るのを試みたところ、こちらでは正常にコピー出来ました。
どうやらメディアの異常というわけではなかったようです。

不思議なことに、コピーした別のメディア(やはり、日立マクセルのHigh Gradeタイプ)を元に、もう一度DVR-111で試してみたところ、今度はエラーが出ることなくバックアップすることが出来ました。
イメージコピーなので、コピーした元と先とでイメージデータが異なるわけではありません。
どうやら、元のメディアとドライブの相性が原因だったようです。

バックアップメディアを複数持っておくだけでなく、バックアップの手段を複数持っておくことも、大事なことなのかも知れません。

■2007/09/30 23:00 追記
いろいろと調べてみて、もしかすると、VDR-D300のファイナライズが関係している可能性があると思い始めました。
ただ、DVDのバックアップ機能は、そもそも「読み出し元のデータのイメージを、書き込み先に書き込む」機能ですので、ファイナライズされていない状態のDVD-RWメディアであれば、ファイナライズされていない状態で書き込み先のメディアにコピーが作られるはずなので、読み出しエラーの理由になるとは考えにくいですが。
とりあえず、後日、VDR-D300の取扱説明書をよく読んで、どうするのが良いのか、確認するつもりです。

by 管理人  at 18:51
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「PIONEER DVR-111/MPとCyberLink DVD SolutionでDVD-RWの読み込みに失敗:自分用パソコン本体」について解説しています。