トップページ » IT » パソコン(ソフトウェア) » 驚速動画カッターで分割したファイルのPowerProducer DVD化で尻切れ

驚速動画カッターで分割したファイルのPowerProducer DVD化で尻切れ

驚速動画カッターで分割したファイルのPowerProducer DVD化で尻切れ:パソコン(ソフトウェア)

Googleで検索しても有効な情報が見つからなかったので、本ブログに書いておきます。
私は、I-Oデータ機器のGV-MVP/RX3でビデオキャプチャすることが多く、たいていの場合はパソコン上で視聴するのですが、たまに家族と一緒にリビングで観たい場合にはDVDに焼いてDVDプレーヤーで再生することがあります。
GV-MVP/RX3でのキャプチャは、標準画質ですと、2時間15分くらいで4.7GBのDVDがいっぱいになることが多く、それより長いと1枚のDVDに入りません。
これまで、そうしたケースがなかったのですが、昨日、2時間半のドラマを録画したのをリビングで観るために、SOURCENEXTの驚速動画カッターで分割して、分割したmpeg2形式のファイルをDVDドライブの付属のOEM版CyberLink PowerProducer3でDVDに焼くという手順を取りました。
その結果、分割された2つのファイルは、DVDで観ると、最後のほうが再生されない、いわゆる尻切れ状態になっていることに気が付きました。

驚速動画カッターでは、時間分割とファイル数分割がサポートされているのですが、いずれも分割後のファイルでは同じ症状が出ました。
驚速動画カッターで分割した結果のmpeg2形式のファイルに関して、それを取り扱うアプリケーション毎に整理すると、以下のような状況でした。

Microsoft Media Player 9: ファイルの時間(長さ)は正しく表示され、きちんと最後まで再生可能。
CyberLink PowerDVD:同上
CyberLink PowerProducer3(OEM版):ファイルの時間(長さ)は実際の長さの85%程度の時間で切れており、再生もそこまでしか出来ない。焼いたDVDでも同じ。ただし、ファイルのサイズはいずれも正しい。

何とも摩訶不思議な現象です。
コンテンツの問題でもなさそうで、驚速動画カッターで分割したファイルをPowerProducerで読み込むと、ファイルのサイズは正しく、再生時間(終了時刻)が短くなってしまうらしいのです。
とりあえず、PowerDirector Express(OEM版)で分割すれば問題は回避できるので、しばらくはそれでしのぐつもりです。

PowerProducerはSOURCENEXTからも販売されているので、驚速動画カッター込みでSOURCENEXT版で試して同じ現象が出れば、SOURCENEXTに質問することも出来るのですが、それにお金を払ったり、質問するのに手間隙を書けたりするのもどうかと思われるので、そこまではしないつもりです。
同様の現象で困っている方のご参考になれば幸いです。

by 管理人  at 10:57
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「驚速動画カッターで分割したファイルのPowerProducer DVD化で尻切れ:パソコン(ソフトウェア)」について解説しています。