トップページ » アニメーション » 機動戦士ガンダム00 » 機動戦士ガンダム00 #14 決意の朝【感想】

機動戦士ガンダム00 #14 決意の朝【感想】

機動戦士ガンダム00 #14 決意の朝【感想】:機動戦士ガンダム00

ガンダム00第14話についての感想です。
前回の機動戦士ガンダム00 #13 聖者の帰還【感想】に引き続いて、あくまで放映を見ての感想です。(アニメ誌はほとんど読んでいない、と言いますか、読まないようにしているので。ただし、人物名等の情報を得るために、機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]だけはチェックしています。)

今回からセカンドクールになります。
何となく、セカンドクールの勢力を総括しただけのような気がしてしまいました。

気になったのは、刹那が、アザディスタンの王宮のマリナの寝室に忍び込んだことですね。
いくらなんでも、警備兵に見つからずに寝室に入り込むのは、流石に無理だと思うのですが...
今後も、マリナの存在が、刹那に大きな影響を与えることの伏線なのでしょうか。

あと、今回は、本編よりも予告編のほうが気になりました。
タイトルは「折れた翼」ですし、紹介にあった「ガンダムマイスターの終焉」というのも意味深です。
流石に鹵獲されることはないと思うのですが、ガンダム4機、特にエクシアは、相当な窮地に追い込まれることは間違いなさそうです。

■関連記事
機動戦士ガンダムOO トラックバックセンター 第14話「決意の朝」
機動戦士ガンダム00 トラックバックセンター | MISSON14 決意の朝
機動戦士ガンダム00 #15 折れた翼【感想】

by 管理人  at 00:52
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「機動戦士ガンダム00 #14 決意の朝【感想】:機動戦士ガンダム00」について解説しています。