トップページ » アニメーション » 機動戦士ガンダム » 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY Vol.3【感想】

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY Vol.3【感想】

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY Vol.3【感想】:機動戦士ガンダム

TSUTAYAのDISCASでDVDをレンタルして見ました。
けっこうショックな展開でした。

まず、第8話でのバニング大尉の退場がありました。モビルスーツの破損箇所が何度も描かれていたので、ある意味、死亡フラグは立っていたのでしょうけど... コウの父親のような存在であっただけに、残念でした。
それはそうと、モビルスーツの内部のギヤの構造が描かれたのは、ガンダムシリーズで初めてお目に掛かった気がします。

そして、第10話では、ガンダム1号機と2号機が相打ちという形で宇宙に散ってしまいました。
コウには、別のガンダムが与えられるのでしょうか。

by 管理人  at 23:52
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY Vol.3【感想】:機動戦士ガンダム」について解説しています。