トップページ » アニメーション » コードギアス 反逆のルルーシュ R2 » コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN12「ラブ アタック!」【感想】

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN12「ラブ アタック!」【感想】

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN12「ラブ アタック!」【感想】:コードギアス 反逆のルルーシュ R2

コードギアス 反逆のルルーシュ R2の第12話の感想です。(前回の感想は、コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN11「想い の 力」【感想】。)
今回は、アッシュフォード学園のミレイ会長の卒業記念イベントということで、ちょっとお茶らけた感じでしたが、いくつかポイントとなる進展がありました。

一つは、コーネリアが生きていたこと。
コーネリアは、ユーフェミアがギアスによって操られていたことを知っており、ユーフェミアの汚名を晴らすべく、地下で活動しているようです。

もう一つは、ギルフォード(オレンジ)の使うギアスキャンセラーです。
キャンセルの対象が、ルルーシュのギアス(命令服従)だけなのか、皇帝陛下のギアス(記憶操作)も含まれるのかは不明ですが、少なくとも、シャーリーは、過去のゼロとルルーシュの記憶を取り戻してしまったようです。
キャンセラーを掛けられたら、もう一度ギアスを掛けられるのかは不明ですが...
ナイトメアによる武力による戦いだけでなく、ギアスによる知略戦もありそうで、今後が期待できそうです。

■関連記事
コードギアス 反逆のルルーシュR2 公式サイト
コードギアス 反逆のルルーシュ トラックバックセンター コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN12「ラブ アタック !」

by 管理人  at 00:01
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN12「ラブ アタック!」【感想】:コードギアス 反逆のルルーシュ R2」について解説しています。