トップページ » 映画・ドラマ » ファイヤーウォール【感想】

ファイヤーウォール【感想】

ファイヤーウォール【感想】:映画・ドラマ

TSUTAYAのDISCASでDVDをレンタルして見ました。
タイトルから、ネットワークのFIREWALLをイメージして、ハッカーの世界を期待して見ていたのですが、ネットワークの知識とはほとんど関係のない、サスペンス・アクションでした。
ハリソン・フォード扮するセキュリティの専門家ジャックが、家族を救い出すために、強盗団相手に奮闘します。
まあ、中盤までは失敗続きなのですが、後半からがジャックの反撃といったところでした。

ただ、ネットの世界、あるいはITシステム分野に多少の知識のある人が見ると、「これはないだろう」という行為がけっこうあったのは否めません。
特に、1億ドルを送金した後、空港の窓口の端末から、送金先の口座の残高を操作していましたが、あれは、いくらセキュリティ部門の幹部だとしても、システム的に受け付けられるはずがありません。
そうしたところに目くじらを立てないで見れば、けっこう楽しめると思います。

by 管理人  at 22:21
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「ファイヤーウォール【感想】:映画・ドラマ」について解説しています。