トップページ » 家庭 » 日常生活 » 親類宅の飼い犬が天国へ

親類宅の飼い犬が天国へ

親類宅の飼い犬が天国へ:日常生活

先ほど、午後10時過ぎに、家内の実家から電話がありました。
時刻が時刻だったので、もしやという気はしていたのですが、初夏から体調を崩していた飼い犬が、亡くなったとのこと。
既に10歳近くで、少し前に入院した歳、獣医さんから「もう駄目かも知れない」と言われたことがあり、それから持ち直していました。
もう少し長くいられるかも知れないと淡い期待をしていたのですが、残暑が堪えたのかも知れません。
今はただ、安らかに、天国に行って欲しいと思います。

by 管理人  at 23:56
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「親類宅の飼い犬が天国へ:日常生活」について解説しています。