トップページ » misc » 企業・法人 » イオンのレジでの誤操作による過払い

イオンのレジでの誤操作による過払い

イオンのレジでの誤操作による過払い:企業・法人

私は、ほぼ毎週末、イオン(ジャスコ)で、主にビール類を中心に買い物をしています。
今日もいつも通り、1歳の子供を連れて買出しに行きました。
今回はちょっと少なめで、缶ビール類を6缶と防虫剤を1箱購入しました。

普段は、帰宅してからレシートを見直すことはあまりありません。
今回、たまたま、帰宅後にレシートをよく見たところ、買った覚えのないものがいくつか記載されているのに気がつきました。

レシートを上から見て行くと、
1点目、ビール類、
2点目、「国産若鶏○○」... 買っていません
3点目、ビール類、
4点目、「ボイル○○」... 買っていません
5点目、「ボイル○○」... 買っていません、
6点目~9点目、ビール類、
最後に防虫剤
(注) 悪用の恐れがあるので、商品名は○○で伏字にしています。

レシートの日付と時間を確認したのですが、私のレシートに間違いないですし、上記3つ以外は、確かに私が購入したものです。
何度も思い出してみたのですが、やはり、缶ビール6缶と防虫剤1箱以外は、買っていません。

小額とは言え、納得がいかないので、レシートに記載されているお店の電話番号に電話を掛けました。
「買ったその場で言わなかったから駄目かも」とも思いましたが、「そもそも、普通のレジ係は、こんな順番で商品をレジに通すはずがない(缶ビール類は、普通、6つ続けてレジに通すはず)」「防犯カメラくらいあるだろうし、防犯カメラに写っていれば、私がビール6巻と防虫剤しか買っていないことは映像から容易に判別はできるはず」とも思いました。

電話したところ、お店側は平謝りでした。
聞かれた通りにレシートのレジ番号と取り扱い番号を伝えて、数分後にお店から折り返しの電話があり、どうやら、タッチパネルの誤操作だったらしいので、全額返金するとのこと。
自宅まで返金に行くか、次回来店時に店頭サービスカウンターで返金するか、どちらかを選択して欲しいと言われましたが、電話口で平謝りされた上でさらに自宅まで来てもらうのもなんでしたので、次回、買い物に行った時に返金してもらうことにしました。

気になったのは、以下の2点です。

まず、これまでは大丈夫だったのだろうか、ということ。
冒頭に書いたように、食料品の買い物で、いちいち「買っていないものが含まれていないか」とレシートで確認することは、お店側を信用していますし、私のほうも面倒なのでしていません。
たまたま今回は見つけましたが、これまでこうした誤請求がされていなかったのか、不安です。
しかし、以前のレシートはほとんど捨てていますし、仮に以前のレシートがあっても、買っていないものが含まれていないかどうかは、個別に思い出すのは困難です。

あとは、今日、私以外に、同じレジで、買っていないものを買ったことにされた人がいるのではないか、ということです。
私だけで、7つの買い物で、3つのタッチパネルの操作ミス(人為的なミスかどうかは、本記事で明記するのは避けます)があったわけです。
私以外に、同じレジで買い物をした人で、同様の誤請求をされた人がいる可能性は高いと考えるのが普通です。
しかし、仮にお店側で「これも誤請求かも」と思われるのがあったとしても商品の特定は困難でしょうし、仮に商品の特定をできたとしても、イオンのカードで買った人でなければ買い手まで特定するのは不可能に近いでしょう。
かと言って、店頭に「以下の商品は、9/28の何時から何時の間、間違って請求した可能性があります」と告知するわけにも行かないでしょう。

とりあえず、自衛の手段としては、レジで清算する際に自分が買った商品数だけは指折り数えておいて、レシートをもらったら、「お買い上げ商品数」の欄だけはその場で確認するようにしかないのだろうな、と考えています。

■関連記事(よろしかったらこちらもお読み下さい)
マクドナルドでチーズバーガーを注文したらチーズが入っていなかった

by 管理人  at 17:35
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「イオンのレジでの誤操作による過払い:企業・法人」について解説しています。