トップページ » アニメーション » 機動戦士ガンダム00 » 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #01 天使再臨【感想】

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #01 天使再臨【感想】

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #01 天使再臨【感想】:機動戦士ガンダム00

ガンダム00第2期第1話の感想です。
第1期から4年後ということで、キャラクターが成長していました。ティエリアを除いて、ですが。

まず驚いたのは、ルイスがアローズのモビルスーツに乗っていたことですね。
「ハレヴィ准尉」と呼ばれていました。
左腕は、サイボーグ化したのでしょうか。
何故アロウズに入ったのかは後々明らかになるのでしょう。
リボンズ・アルマークに認知されていたのも、気になるところです。

沙慈・クロスロードは反政府勢力カタロンのメンバーと勘違いされた形で強制労働に就かされますが、救出活動の最中で刹那と邂逅し、プトレマイオス2に連れて来られました。
過去の出来事から、ソレスタルビーイング入りするのか、微妙な感じがしますが、一度プトレマイオス2に乗ってしまった以上、このままソレスタルビーイング入りするのかも知れません。
だとすると、ルイスとどのような形で再開するのか、展開が楽しみです。

また、刹那は、この4年間、ソレスタルビーイングから離れてアロウズの動きを見ていたようです。
ガンダムエクシアの整備を一体どうやっていたのだろうかと気になることはありますが、セラヴィーガンダムに乗ったティエリア・アーデに助けられて、再びソレスタルビーイングに戻って来ました。気になるのは、セラヴィーガンダムの背中の顔ですが、よもや、大型モビルスーツにドッキングするということはないと思うのですが。

刹那は、ロックオン・ストラトスを迎えに行っていました。
右目は治療して治ったようですが、どうも、かつてソレスタルビーイングにいた時の記憶を失っているような感じです。
フェルト・グレイスに出会って、記憶を取り戻すといった展開でしょうか。

■関連記事
機動戦士ガンダムOO トラックバックセンター 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第1話「天使再臨」
機動戦士ガンダムOO TBC[トラックバックセンター] | 第1話 天使再臨

by 管理人  at 00:27
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)
  1. 初めて書き込みします。よろしくおねがいします!

    ニールとライルは一応双子の兄弟という設定になっているようですが、、ロックオンというのはあくまでCB内でのコードネームですしね。
    個人的にはニール(一期)には死んでほしくなかったんですけど><
    まぁ別物なら別物ということで、フェルトとか苦悩するのかなーなんて、妄想が止まりませんなww

    by 狙いうつぜぇええ  2008年10月 6日 03:16
  2. 狙いうつぜぇええ 様、コメントありがとうございます。
    そうですか、彼は双子の弟だったのですか。
    そう言えば、第1期に、お墓参りのシーンで、「あの人が」と言っていたロックオンにそっくりな人がいましたね。
    ロックオン(ニール)がお亡くなりになる時に「ライルの未来は」と言っていたのも、この伏線だったのでしょうか。
    そう考えると、いろいろなことが納得です。

    by 管理人  2008年10月 6日 09:10
コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #01 天使再臨【感想】:機動戦士ガンダム00」について解説しています。