トップページ » アニメーション » 機動戦士ガンダム00 » 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #06 傷痕【感想】

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #06 傷痕【感想】

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #06 傷痕【感想】:機動戦士ガンダム00

前回、マリナをアザディスタンに送って行って、アリー・アル・サーシェスのガンダムによって焼き払われていたのを刹那とマリナが目の当たりにしたところで終わりました。
てっきり、ここでアリー・アル・サーシェスと一戦交えるのかと思っていたのですが、刹那はモビルスーツを持って来ていなかったんですよね。
戦闘には至らず、カタロンの秘密基地に戻ったようです。

今回は、ソレスタルビーイングはカタロンの秘密基地からの脱出を支援するため、トレミーが囮となってアロウズの襲撃を受けます。
その中で、ついに、沙慈も戦闘に参画します。
沙慈が最初に引き金を引いた相手は、かつての恋人ルイスの乗るモビルスーツだったようですが、おそらくは弾がそれるか、他のモビルスーツが庇ってルイスは無事で終わるのでしょう。
沙慈とルイスが戦場で会っていたことが分かるのは、しばらく先ではないかと思います。

また、かつて、カティ・マネキンとスメラギ・李・ノリエガがともにAEUで戦況予報士をしていて、お互いの判断ミスで友軍同士を戦わせて大勢の死傷者を出してしまった過去が明らかになります。
全体的に、人間関係が濃くなって来た感があり、今後、どのようになっていくのかが楽しみです。

■前回の感想
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #05 故国燃ゆ【感想】

■関連記事
機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]
機動戦士ガンダムOO トラックバックセンター 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第6話「傷痕」
機動戦士ガンダムOO TBC[トラックバックセンター] | 第6話 傷痕

by 管理人  at 00:54
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #06 傷痕【感想】:機動戦士ガンダム00」について解説しています。