トップページ » アニメーション » 精霊の守り人 » 精霊の守り人 1【感想】

精霊の守り人 1【感想】

精霊の守り人 1【感想】:精霊の守り人

少し前にNHKで放送されていたのを、何話目だったのかは定かではありませんがたまたま見たことがあって、なかなか面白そうだったので、TSUTAYAのDISCASでDVDをレンタルして見ています。
映像に関しては、一目でプロダクションI.Gらしいと思えるもので、「イノセンス」や「BLOOD+」を見た人はピンと来ると思います。
アクションシーンは見応えがあります。

ストーリーも、女用心棒のバルサが、たまたま助けた皇子チャグムを、妃の依頼で護衛することになるというものですが、逃げる準備等、細かいところまでしっかり設定されています。
登場人物が多くて、押さえるべきところが多いのですが、その分、今後の展開での面白さが期待できそうです。

by 管理人  at 20:59
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「精霊の守り人 1【感想】:精霊の守り人」について解説しています。