トップページ » アニメーション » 機動戦士ガンダム00 » 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #14 歌が聴こえる【感想】

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #14 歌が聴こえる【感想】

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #14 歌が聴こえる【感想】:機動戦士ガンダム00

前回、メメントモリを撃破したソレスタルビーイングですが、その後、プトレマイオスが敵モビルスーツの攻撃を受けて、地球に降りたとのこと。
ネーナ・トリニティからの情報で、刹那もダブルオーガンダムで地球に降りるのですが、この辺の大気圏突入がいとも簡単に行なわれてしまうのに、ちょっと違和感を感じないではないです。

地球に降りた刹那ですが、イノベーターのリボンズ・アルマークから、衝撃的な話を聞かされます。
まずは、リボンズがかつて刹那を救ったオーガンダムのパイロットだったこと。以前、ネットで、リボンズが元はソレスタルビーイングでパイロットをしていたという説を読んだことがあったので、それほど驚きはしませんでした。フェルトのご両親とリボンズは知り合いだったということになりそうです。このあたり、何か絡みがあるのかなと思ってしまいます。
驚いたのは、11年前に戦場の刹那を救っただけでなく、刹那をガンダムエクシアのパイロットに推薦したのが、リボンズだったということですね。直接推薦したのではなく、ヴェーダにハックして推薦したということなのでしょうけど。リボンズがどこまで計画に関与しているのか、気になるところです。

一方、地球連邦の中に、クーデターの動きがあるとのこと。
前回機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #13 メメントモリ攻略戦【感想】で書いたように、予想通りでしたね。
セルゲイ・スミルノフ大佐の反地球連邦入りは確実のようです。
あと、誰が追従するのか、気になるところです。
カティ・マネキン大佐も、アロウズのやり方に反感を抱いているようなので、クーデターに加わる可能性が高いのではと思っていますが。

ところで、年始の特別番組で「軌道エレベーター崩壊」というキーワードが出ていたのですが、これはしばらく先の話なのでしょうかね。

最後に、エンディングのテーマソングなのですが、これって今回限りですよね。
最終話まで、このテーマソングで行くのは、ちょっとなあと思っています。

■前回の感想
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #13 メメントモリ攻略戦【感想】

■関連記事
機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第14話「歌が聴こえる」
機動戦士ガンダムOO TBC[トラックバックセンター] | 第14話 歌が聞こえる

by 管理人  at 23:27
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #14 歌が聴こえる【感想】:機動戦士ガンダム00」について解説しています。