トップページ » アニメーション » 精霊の守り人 » 精霊の守り人 4【感想】

精霊の守り人 4【感想】

精霊の守り人 4【感想】:精霊の守り人

昨年末にTSUTAYAのDISCASでDVDをレンタルして見ていたのですが、色々と忙しくて感想を書くのが遅くなってしまいました。
第6話で、峠道から馬と共に谷底に落ちてしまったバルサとチャグムですが、何とか生きていました。
まあ、主人公なので、当然と言えば当然ですが、どうやって生き延びたのかまでは種明かしはされませんでした。

第8話の「刀鍛冶」に出て来る鍛冶屋さんが、物事のスジをしっかり通す人で、見ていてハラハラしましたが、見終えて何とも言えない清々しさを感じました。
鍛冶屋さんの語った武人は、バルサの育ての親なのでしょう。
「精霊の守り人」は、アクションシーンももちろん良いのですが、ストーリーもしっかりしているところが良いです。

by 管理人  at 14:12
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「精霊の守り人 4【感想】:精霊の守り人」について解説しています。