トップページ » アニメーション » 機動戦士ガンダム00 » 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #20 アニュー・リターン【感想】

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #20 アニュー・リターン【感想】

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #20 アニュー・リターン【感想】:機動戦士ガンダム00

前回の最後、トレミー内でラッセに銃を向けたアニューですが、結局ラッセに対して発砲していたようです。
これだと、流石にソレスタルビーイングに戻るのは難しいだろうなと思いつつ、ロックオンの説得でもしかしたらソレスタルビーイング側に戻れるのかと思ったところ、アニューの意識にリボンズが介入。ロックオンのケルディムガンダムが撃墜される寸前のところ、刹那のダブルオーガンダムによってアニューの乗るモビルスーツが撃墜されてしまいました。
その後の、ロックオンとアニューの意識の交わりはジーンと来ましたが、トレミーに帰還した後、ロックオンが刹那をボコボコに殴っていたのには、「刹那は、敵であるイノベーターを討ったのに」と、不条理を感じてしまいました。

ルイス・ハレヴィですが、どうやら、リボンズの薬によって「人類初のイノベーター」にされつつあるようです。
何だか、ガンダムの強化人間、ガンダムSEEDのエクステンデットみたいな感じですね。
これまでのガンダムシリーズで強化人間がハッピーな結末を迎えられたことはありませんでしたし、ルイスもあまりよい最後は迎えられないのかも知れません。
沙慈の手によってルイスが命を落とす展開が予想されますが、できれば、別の形で沙慈と幸せになって欲しいという気持ちもあります。
今後の展開が期待されるところです。

■前回の感想
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #19 イノベイターの影【感想】

■関連記事
機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第20話「アニュー・リターン」
機動戦士ガンダムOO TBC[トラックバックセンター] | 第20話 アニュー・リターン

by 管理人  at 01:20
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #20 アニュー・リターン【感想】:機動戦士ガンダム00」について解説しています。