トップページ » アニメーション » CLANNAD » CLANNAD AFTER STORY 第20話「汐風の戯れ」【感想】

CLANNAD AFTER STORY 第20話「汐風の戯れ」【感想】

CLANNAD AFTER STORY 第20話「汐風の戯れ」【感想】:CLANNAD

幼稚園の汐の担任の先生は、予想通り、藤林杏でした。
見た目はあまり変わっていませんでしたね、髪型がほとんど同じだったので容易に識別できました。
朋也と仲良くなるのかなと期待していましたが、特に二人の間に変化はありませんでした。
朋也と仲良くなるとしたら、妹の椋のほうでしょうかね。

逆に、第一期のちょい役だった伊吹風子が、意識を取り戻して、存在感をアピールしています。
汐を妹にしたいと言いながらも、渚を失った朋也のことをちょっとは気にかけているようです。

もしかして、誰かが汐の母親になる展開もあるのかなと思っていたら、最後、汐が「おトイレ、一人で出来なかった」と言い、高熱を出してしまいます。
渚と同じように、汐もあまり身体が強くはないのでしょうか。
次回の予告編のタイトルが「世界の終わり」なのがとても気になります。
汐には、ハッピーエンドであって欲しいのですが。

by 管理人  at 00:40
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「CLANNAD AFTER STORY 第20話「汐風の戯れ」【感想】:CLANNAD」について解説しています。