トップページ » アニメーション » 機動戦士ガンダム » 機動戦士ガンダム MSイグルー -黙示録0079- 3 雷鳴に魂は還る【感想】

機動戦士ガンダム MSイグルー -黙示録0079- 3 雷鳴に魂は還る【感想】

機動戦士ガンダム MSイグルー -黙示録0079- 3 雷鳴に魂は還る【感想】:機動戦士ガンダム

黙示録0079では、第1話でも第2話でも主要なキャラクターが作戦に成功した直後に亡くなるというパターンだったので、今回はオリバー・マイ技術中尉がお亡くなりになるのかと思って見ていたのですが...
最後には回収されて無事に帰還でき、生き残っていて良かったです。
また、オリバー・マイ技術中尉が登場したモビルアーマー、ビグ・ラングですが、なかなかの攻撃力で敵を撃墜していました。
また「赤い機体」と恐れられていたことから、赤い彗星の機体と誤解されていた感がありました。
黙示録0079には、アムロのガンダムも、シャアの機体も登場しませんでしたが、ジムがゲルググは登場しており、まあ、何とかガンダムの世界観の中かなと思いました。

by 管理人  at 01:00
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「機動戦士ガンダム MSイグルー -黙示録0079- 3 雷鳴に魂は還る【感想】:機動戦士ガンダム」について解説しています。