トップページ » アニメーション » 機動戦士ガンダム00 » 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #23 命の華【感想】

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #23 命の華【感想】

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #23 命の華【感想】:機動戦士ガンダム00

やはり、リボンズは生きていました。
意識がヴェーダにあって、身体は入れ物に過ぎないとのこと。
見方を変えてみると、ヴェーダが破壊されたら、リボンズもお亡くなりになるということでしょうか。
一体どういう通信手段を使ってリンクしているのだろうかと思わなくもなかったですが、そこはアニメ、突っ込んではいけないのでしょうね。

戦況のほうは、アロウズ部隊は多くは撃沈され、イノベーター vs ソレスタルビーイング+カタロン+地球連邦正規軍という構図になって来ました。
カタロンはともかく、カティ・マネキン大佐率いる正規軍もトレミーを守ろうとしているあたり、アロウズを裏で操っているイノベーターが真の敵であるという共通認識で共闘している様は、ちょっと泣けました。

さて、不死身のパトリック・コーラサワーでしたが、流石に今回は退場でしょうね。
毎回、主要キャラクターが徐々に退場して行っている感があります。
最終回で誰がどのように生き延びるのか、今後の展開が楽しみです。

■前回の感想
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #22 未来のために【感想】

■関連記事
機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第23話「命の華」
機動戦士ガンダムOO TBC[トラックバックセンター] | 第23話 命の華

by 管理人  at 15:50
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #23 命の華【感想】:機動戦士ガンダム00」について解説しています。