トップページ » アニメーション » CLANNAD » CLANNAD AFTER STORY 番外編「一年前の出来事」【感想】

CLANNAD AFTER STORY 番外編「一年前の出来事」【感想】

CLANNAD AFTER STORY 番外編「一年前の出来事」【感想】:CLANNAD

朋也と渚が出会う一年前の出来事が描かれています。
当時、渚は高校3年生に、朋也は2年生になったばかりでした。
最初の朋也と渚の出会いは、朋也の感じが悪かったですね。クラス替えの掲示を見ている女子の先輩にぶつかっておいて、特に謝ることもせず、朋也は不良少年として描かれていました。
くす玉の悪戯も、一歩間違ったら大怪我をするところで、現にたらいの直撃で渚は気を失って保健室に担ぎ込まれていました。
唯一良かったのは、くす玉の中に入れた布に朋也が書き入れたメッセージが渚を勇気付けたことくらいでしょうか。
むしろ、朋也と杏との出会いのほうが、印象的でした。

by 管理人  at 22:34
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「CLANNAD AFTER STORY 番外編「一年前の出来事」【感想】:CLANNAD」について解説しています。