トップページ » アニメーション » CLANNAD » CLANNAD AFTER STORY 総集編「緑の樹の下で」【感想】

CLANNAD AFTER STORY 総集編「緑の樹の下で」【感想】

CLANNAD AFTER STORY 総集編「緑の樹の下で」【感想】:CLANNAD

「CLANNAD AFTER STORY」の総集編と言うより、「CLANNAD」と「CLANNAD AFTER STORY」の総集編と言ったほうが良いかも知れません。
朋也が汐に語りかける感じで、朋也と渚の出会いからが振り返られています。

映像的に新しいシーンはなかった気がします。
学校へと通じる道での朋也と渚の出会いは、ちょっと違っていたような気がしなくもないのですが、私の記憶違い、あるいは劇場版CLANNADと勘違いをしているのかも知れません。

この総集編では、本編の最終回で、渚が汐を出産した時に渚が亡くなったこととそれ以降の出来事が、朋也の夢だったことが明確に語られています。
それはそれでハッピーエンドなのですが、渚がいない世界でも、朋也と汐、朋也と朋也の父親との間での出来事は、AFTER STORYでは重要だった(感涙もの)と個人的には感じています。
それが「夢でした」と片付けられてしまうのは、残念に思えなくもないです。

by 管理人  at 20:05
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「CLANNAD AFTER STORY 総集編「緑の樹の下で」【感想】:CLANNAD」について解説しています。