トップページ » IT » 自分用パソコン » Athlon64 X2 3800+をAthlon64 X2 4600+に乗せ替え

Athlon64 X2 3800+をAthlon64 X2 4600+に乗せ替え

Athlon64 X2 3800+をAthlon64 X2 4600+に乗せ替え:自分用パソコン

半年ほど前に書斎のパソコンのCPUに関してAthlon64 3200+をAthlon64 X2 3800+に乗せ替えしたのですが、ヤフオクでAthlon64 X2 4600+が安価で出ていたので落札して換装しました。
今回はCPUだけではなく、HDDも静音化のため3.5インチ7,200回転のものから2.5インチの5,400回転のものに変更し、さらに消費電力削減のためビデオカードも玄人志向GF8400GS-LE256Hを導入したものを取り外してオンボードVGA利用に戻しました。
運悪く、交換途中でマザーボードASUS A8N-VM CSMを昇天させてしまい、同じものをヤフオクで急遽落札してマザーボードの交換もしました。
そんな感じで、CPUの乗せ替えに一週間近く掛かってしまいました。

この筐体にしてからのCrystalmarkでの性能は以下の通りです。
Athlon64 3200+
Athlon64 X2 3500+
Athlon64 X2 4600+
CPUの性能だけ見ると、2.3倍になっています。

今のハードウェア構成は次のような感じです。
当面は、この構成で行くことになりそうです。

CPUAMD Athlon64 4600+ 2.4GHz 512KB
CPUファン峰COOLER(SCMN-1000)+風拾 超静音に交換
※シャーシファンコネクタに接続し常時1,200rpm
メモリOEM DDR-SDRAM 512MB PC3200(CL3) JEDECを4枚セット(合計2GB)
HDD1HITACHI HTS543225L9A300 250GB S-ATA2 8MB(QUIET DRIVEに収納; Cドライブ)
HDD2HITACHI HDP725025GLA380 250GB S-ATA2 8MB(QUIET DRIVEに収納; Dドライブ)
光学ドライブPIONEER DVR-111BK/MP ブラック Soft付 DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R/RW、DVD-RAM)
MBASUSTEK A8N-VM CSM nVIDIA GeForce6150チップセット
VGAオンボードVGAを使用
サウンドオンボードサウンドを使用
ネットワーク機器オンボードLANを使用
ビデオキャプチャアイ・オー・データ機器 GV-MVP/RX3
ケースCoolerMaster Centurion 541 ブラック 電源無し
電源サイズ CORE POWER2 CoRE-400-2007
ケースファン前S-FLEX 12cm SFF21D(12cm, 800rpm, 33.5CFM, 8.7dBA)
CPUファンコネクタに接続し、Coolin' Quiet機能で回転数制御。
ケースファン側面S-FLEX 12cm SFF21D(12cm, 800rpm, 33.5CFM, 8.7dBA)
※ainex FST-120で固定、
CPUファンコネクタに接続し、Coolin' Quiet機能で回転数制御。
ケース吸音材東京防音 シャットオンシート OS-14
by 管理人  at 00:51
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「Athlon64 X2 3800+をAthlon64 X2 4600+に乗せ替え:自分用パソコン」について解説しています。