トップページ » IT » パソコン(ソフトウェア) » VSuite Ramdisk (Free Edition)を導入

VSuite Ramdisk (Free Edition)を導入

VSuite Ramdisk (Free Edition)を導入:パソコン(ソフトウェア)

先日、Socket AM2ベースの静音・低発熱パソコンを構築し、メモリを4GBにしたところ、32ビット版Windowsの管理可能なメモリ領域の上限の制約により未使用のメモリ領域が発生しました。
このまま全く使わないでいるのももったいないので、RAM DISK化して活用することにしました。

RAM DISK化ソフトウェアとして真っ先に思い浮かんだのはアイ・オー・データ機器のRamPhantomですが、私のパソコンのメモリは他社の製品なのでRamPhantomを使うには有償になってしまいます。4GBのメモリで6,000円程度だったので、そのうち1GB弱を有効に使うのに2,000円以上出すのもコストパランス的にどうかという気がしたので却下しました。

そうすると自ずとフリーのRAM DISKソフトウェアが選択肢に残ります。
まずはGoogleで検索して見つけたGavotte Ramdiskを試しました。一応、動くところまではこぎつけられたのですが、今ひとつ使いやすくなかったので、アンインストール。
次に見つけたのがVSuite Ramdiskというもので、これが驚くほど簡単に設定できたので、これを使うことにしました。
唯一手間取ったのは、メインメモリと共有になっているビデオメモリの設定で、マザーボードのBIOSのデフォルトのAbove 4GBにするとRam Diskソフトウェアがマッピングのコンフリクトを検出できないらしく、ディスク容量を使って行くと画面表示が思いっきり乱れることがありました。ほとんどFAQのようですが、Below 4GBにして解決できました。

メモリの配分は、4GBの物理メモリのうちビデオメモリに256MB使用しており、最終的には切りの良い768MBをRAM DISKに割り当てることにしました。
用途は、ブラウザ(Firefox, IE)のディスクキャッシュ先と、システム環境変数TEMPとTMP用の一時領域です。
本当はユーザ環境変数TEMPとTMPもRAM DISK上に起きたかったのですが、予想外なことに、圧縮ソフトウェアの一時ファイルも環境変数TEMPを参照していたことで、ちょっと大きなファイルを圧縮するとRAM DISKが容量不足になってしまうことが判明しました。
最終的には、ユーザ環境変数TEMPとTMPについて、一時ファイルのサイズが大きくならないのが判明しているもののみ、起動用のバッチファイルを別途用意して環境変数TEMPとTMPをRAM DISK上のパスに設定するようにしました。

ついでに、家内用になっていたノートパソコンのHP nx9030/CTの1GBのメモリについても、128MBをRAM DISK化して、ブラウザのディスクキャッシュ領域にしておきました。
気のせいかも知れませんが、ちょっとだけ速くなったような気がします。

32ビットWindowsで4GB以上のメモリを使っている人だけでなく、ブラウザのレスポンスをちょっとでも改善したい人にも、こうしたRAM DISKソフトウェアはお勧めかも知れません。

■2010/5/23 追記
CPUをAthlon II X4 605eに換装し、OSをWindows 7 Home Premium 64bit版にしました。それによって、4GBのメモリをフルで使えるようになったので、メインマシンのほうはVSuite Ramdiskの使用をやめました。
今は、家内用のノートパソコンのみ、VSuite Ramdiskを入れて使っています。

by 管理人  at 00:08
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「VSuite Ramdisk (Free Edition)を導入:パソコン(ソフトウェア)」について解説しています。