トップページ » アニメーション » アニメ全般 » ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【感想】

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【感想】

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【感想】:アニメ全般

TSUTAYAのDISCASでDVDをレンタルして見ました。
前作「序」を見てから1年近く経っており、「序」がどんなふうに終わっていたのか、思い出すのに苦労しました。

新キャラクターが追加になっただけでなく、ストーリーの重要なポイントまで変わっていたとは、ちょっと予想外でした。
TVシリーズでは3号機に搭乗したのは鈴原トウジだったのですが、今回はアスカ。そのあたりから、もしや、と思っていたら、案の定でした。
ただ、アスカの場合はお亡くなりになったわけではなく、予告編によると(眼帯をしていますが)ちゃんと復活しているようです。
アスカとレイ、そしてシンジの関係もTVシリーズとは微妙に違っていますね。レイの人間味がちょっと増しているようにも思えました。
次回、Qでの急展開が楽しみです。

by 管理人  at 23:44
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【感想】:アニメ全般」について解説しています。