トップページ » 家庭 » 日常生活 » 犯人はこの中にいます

犯人はこの中にいます

犯人はこの中にいます:日常生活

今朝、町内会で各家参加での一斉清掃作業が行なわれました。
具体的には、我が家を含む10数世帯の共用の土地である、ごみ集積所とその周辺の植え込みの草むしりで、年に1回ほど、1時間くらいで行なっています。
清掃作業はつつがなく終わったのですが、全世帯が集まる機会ということもあって、最近町内で発生した、正しく言うと継続して発生している、器物損壊事件についての報告が当事者宅のご主人から行なわれました。

「犯人はこの中にいます」という衝撃的な話でした。

経緯は下記の通りです。

町内のとあるご自宅で、2年ほど前から1年ほど前まで、汚物が投げ込まれたり、駐車場の車にいたずらがされたり、といったことが続いていました。
そのご家庭では、防犯ライトや防犯カメラを設置したり、カメラが作動していることをアピールする表示を出したりして、迷惑行為が行なわれないようにと対策をしていました。
その甲斐あって、この1年ほどは何事もなかったようです。

ところが、一か月ほど前、駐車場に止められていた車のドアに、明らかに故意に付けたと思われるキズがついていたとのこと。
警察に通報し、現場検証の結果、器物損壊事件として扱われ、録画されていた映像データと共に被害届を出したそうです。
この経緯については、町内会の各家庭に紙で配布され、性別、年齢層、服装、利き手等について特定出来ているものの、個人の特定には至っていないことが記載されていました。
そのご自宅の娘さんはうちの息子と歳が一緒で、子供同士で時々遊んでいて、家内もそのご自宅の奥さんとよく話をしていたので、紙が配布される前から何が起きているのかは聞いて知っていました。

個人的には、犯人は町内にいるのではなく、多少離れたところに住んでいる人物によるものだろうと思っていました。
そして、現行犯でないと捕まえるのは困難だろうなと漠然と思っていました。
被害に遭われたご自宅は我が家から数10メートルで、駐車場もよく見える位置なので、我が家でも防犯カメラを設置しようかと考えたくらいです。

今日の一斉清掃作業が終わって「お疲れ様でした」となった後、事件についての報告があるとのことで、ご主人から話がありました。
もしかして、犯人が捕まったのかと思っていたら、そうではなく、今日の朝も車にいたずらがされていて、その状況が防犯カメラに写っていて、そこには犯人の顔もはっきり写っていたとのこと。
そして、「犯人はこの中にいます」ということでした。
犯人が名指しされるのかと思ってドキドキしていましたが、そのご主人はこれ以上ことを荒立てたくはないので、自主的に警察に出頭して欲しいと言って、その場で犯人を明らかにすることはありませんでした。
ご主人は精神的に参っているようであり、こうしたことが二度と起こらないこと、そして犯行の動機を知りたいと切に願っていました。

ただ、何故こうした事件が起こったのか、私にはよく理解出来ていません。

動機にしても、被害に遭われたご家庭は、特に嫌がらせを受けるような方たちではありません。
普通のご家族ですし、近所づきあいという面では、誰かに恨まれるようには思えません。
いたずらをされた車は、確かに高級車ではありますが、うちの町内で所有するのにそれほど違和感のある車種とまでは言えません。

また、犯行に及ぶ側も、リスクが高いことは容易に分かるはずです。
上述した通り、防犯カメラで常時撮影が行なわれているのに加え、既に警察への届け出とパトロールの強化も行なわれています。
再犯に及んだ場合に捕まる可能性が高いことは分かっていたでしょう。
しかも、町内の一斉清掃作業が行なわれる当日の朝(もしかしたら、昨日の深夜とか今日の未明だったのかも知れませんが)、顔を合わせることが分かっている状況です。録画では顔がはっきり判別出来なかったとしても、顔を合わせたら「この顔だ」と分かってしまうかも知れません。
にわかには理解し難い状況でした。

我が家の町内は、6,7年前に分譲された区画で構成されていて、幼稚園か小学校に通う子供がいて、まだ住宅ローンを抱えているご家庭がほとんどです。
このような事件を起こしたら、そのご家庭は、町内から、少なくとも学区の異なる地域に引っ越して行かざるを得ないでしょう。
既に警察に被害届が出されており、逮捕ということになれば職も失うでしょうから、家庭も崩壊することでしょう。
そう考えると、犯人が同じ町内に住んでいるとはとても思えなかったのです。

おそらく、今日中には何か進展があったと思います。
犯人が自首した上で、被害に遭われた方が被害届を取り下げれば、おそらくは当事者の話し合いということになったでしょう。
一方、もしも今日中に自首が行なわれなければ、被害者宅から顔のはっきり写った映像データが警察に提供され、人物の特定、そして警察車両が来て逮捕という形になることでしょう。
今のところ、パトカーが来た様子はありません。
結末が気になります。

by 管理人  at 20:28
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「犯人はこの中にいます:日常生活」について解説しています。