トップページ » アニメーション » 新海誠 作品 » 星を追う子ども【感想】

星を追う子ども【感想】

星を追う子ども【感想】:新海誠 作品

TSUTAYAのDISCASでDVDをレンタルして見ました。
新海誠作品は「雲のむこう、約束の場所」ではまってしまい、「秒速5センチメートル」は都内まで遠出して映画館で見て来たのですが、本作の公開時は仕事や家庭が忙しくて映画館に行く時間が取れず、そのまま時間が経ってしまいました。

「星を追う子ども」も新海作品だけあって、映像がとても綺麗です。音楽もこれまで通り天門さんで、こちらも素晴らしかったです。
予備知識いっさいなしで見たので、てっきり空の星を追いかける話なのかなと思っていたら、地下世界の話でした。このくらいは調べておいても良かったのかも知れません。
全体として、ストーリーもなかなか面白くて、終始引き込まながら見ていました。
ところどころ、ジブリ作品のデジャブ感が感じられたのが残念でした。「これはジブリの作品だよ」と言われても、「そうなんだ」と納得してしまう人も多いのではないかと思います。
また、細かいことを言えば、「何で地下なのに明るいの?」という疑問がずっと頭の中にありました。ファンタジー作品なので、気にしてはいけないのでしょうけど。

次の作品が楽しみですが、次回は、ジブリ作品とは一線を画した作品であることを期待しています。

by 管理人  at 16:52
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「星を追う子ども【感想】:新海誠 作品」について解説しています。